顕在化

5歳くらいから洋楽で育ってしまったので
今でも自分の根底にあるのは洋楽なんですよ
その為か
同年代が知っているような歌謡曲とか知らなかったり
そういう事が結構あるんです
その代わり、洋楽は生き字引のような・・
リアルタイムで聴いたり体験した事が現在も続いているので

幼少時の
ブラック・ミュージックの台頭と
サイケデリック・ロックの蔓延が自分に落とした影響は
無意識のうちに顕在化していたようです

2019年明けましておめでとう御座います

xcubase20191920x1296toumeihinomaru

2016年明けましておめでとう御座います

明けましておめでとうございます

x3110xx033-001

2015年

x2015_0103-3110a

.

ゆっくりと再始動

handa2014

ギターの寿命は結構長いんです。
あまりにも雑な使い方をしなければ30年40年は普通に使えてしまう。

楽器としてちゃんと鳴るまでに10年以上かかる
それらの条件と自分の年齢との兼ね合い
それを考えると・・・
新たに手にするギターは、あと2、3本だろうか。

シンセは何台も壊して処分と購入を繰り返したけど
ギターは簡単には壊れないんですよ。
なので、何十年も付き合う事になる。

.

2014年 明けましておめでとう御座います。

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

640x640xakemasite2014-001

.

シンバル

昔、シンバルと言えばPAiSTeかZildjianだった
30年ちょっと前に廉価なSabianが登場して選択肢が広がったけど
今はどうなのか解らないが
当時のSabianはやっぱ値段なりの音色だったよなぁ
まぁ、混在させて使ってたけど
ハットが「PAiSTe」ってのは譲れない選択だった。
PAiSTeの整然とした倍音が透明感の元で
それは金属の配合比率と厚みや曲率で決まるけど
今のように解析機器が充実していない時代でも
音のクオリティを維持できてたという事が凄いな。

なんて話、
実際に使った事が無い人は食いつけない話だよな(笑)
それにしても
本当に久しぶりに写真と言葉じゃないな
たまにはいいか。

.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。