シンバル

昔、シンバルと言えばPAiSTeかZildjianだった
30年ちょっと前に廉価なSabianが登場して選択肢が広がったけど
今はどうなのか解らないが
当時のSabianはやっぱ値段なりの音色だったよなぁ
まぁ、混在させて使ってたけど
ハットが「PAiSTe」ってのは譲れない選択だった。
PAiSTeの整然とした倍音が透明感の元で
それは金属の配合比率と厚みや曲率で決まるけど
今のように解析機器が充実していない時代でも
音のクオリティを維持できてたという事が凄いな。

なんて話、
実際に使った事が無い人は食いつけない話だよな(笑)
それにしても
本当に久しぶりに写真と言葉じゃないな
たまにはいいか。

.

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。